• HOME > 
  • 特集コラム > 
  • カードローン会社のセーフゾーンを把握して即日借りる方法

カードローン会社のセーフゾーンを把握して即日借りる方法

セーフゾーンとアウトゾーンを申込前に確認しよう

毎審査が不安なばっかりに、カードローンに申込もうかどうかと悩んでいるときは、カードローンの申込先で用意されている「お試し診断」を活用して、自分が「融資可能」のセーフゾーンにいるのか、「融資不可能」のアウトゾーンにいるのかを確認してから、申込みをしてみましょう。

お試し審査(診断)ありで申込みやすいカードローン

お試し診断は3秒!
14時までにネット申込み&契約完了でその日にカードを受け取ることもできます。
審査回答も最短30分なので、待つことがありません。

お試し診断はあくまで「お試し」の「審査」と思っている方も多いですが、
実は、雇用形態や借入額など本審査に直結したところもあります。

3秒診断だからと言って侮らないようにしておきましょう。

お試し診断で「申込み可能です」や「融資可能です」というフレーズが出たときは、現時点でセーフゾーンにいることになりますから、不安がらずに申込みするべきです!

お試し診断のメリットとデメリットを知って即日融資を目指す

お試し審査という欄を見て、
「こんな簡単な審査で融資がOKか分かれば苦労しない」と思う方も多いのではないでしょうか。

またお試し審査を利用することで、
「申込み履歴や情報が残ってしまうのではないか」「本審査に影響するのではないか」と不安に思う方もいることでしょう。

そんな審査不安が大きいときほど利用してもらいたいサービスが「お試し診断」です。

お試し診断は雇用形態や年収、借入額などを無記名で記入して、
融資が可能かどうかを本申込み前に確認できるものです。

お試し診断は各カードローン会社により、
融資可能・融資不可能となるラインが異なっているため、最低限の審査基準を設定してあると予測されます。


そのため、申込前に利用することで、
「自分は申込み資格があるのか」「可能性はあるのか」程度は知れるようになっています。


お試し審査を試さずにいきなり申込むのは、審査が通る見込みがあるのかないのか分からないまま申込むということになり、最悪、申込み損をしてしまう危険性があります。

そして情報を知らぬまま、申込をして落ちて、また申込んでの繰り返しでは、
申込み履歴が残ってしまい、本審査になかなか通らなくなってきてしまいます。

どうせ同じ申込なら、確率の高い融資先に申込んだ方が効率は良いので、
不安なときほど、お試し審査は受けるようにしておきましょう。

お試し診断は借入の可能性の低いところを事前に避けることができる機能なのです。

お試し診断のメリット

その1
年齢、就業形態、借入総額など偽りなく記入すれば、 自分がそのカードローン会社のセーフゾーンにいるのかがわかる
その2
セーフゾーンが3秒で分かる
その3
お試し診断は名前や住所などを記入しないため、申込み履歴や情報は残らない
まとめ
お試し診断を受けるということは、自分が診断を受けたカードローン会社に申込み、
審査回答をもらう合否のラインが事前に分かるということになります。

つまりは詳しい個人情報ではなく、
年齢や借入状況から簡単な自動審査が行なわれているということになります。

お試し診断がNGのときは、自分はその会社のアウトゾーンにいて、アウトの返事の確率は高いと予測されますので、融資を望むときは、「融資可能です」という診断の結果を見てから、カードローンに申込んでおきましょう。

お試し審査のデメリット

その1
お試し審査通過でも本審査が必ず○になるわけではない
その2
A社お試し審査で融資可能という診断を受けて、 B社のカードローンに申込んでも決まらないこともある
まとめ
お試し診断はあくまでお試しであり、 本審査ではないということは肝に銘じておくことです。

お試し診断で良い結果をもらい、
はれて借入OKとするために、記入項目は嘘、偽りなく書くようにしましょう。


そして、A社のお試し審査の結果が良かったため、自分はどこでも申し込めるんだと思い込み、
こっちのカードローンに申込んでみるというのも良くない例です。

例えば、アコムのお試し診断の結果が良かったから、バンクイックに申込もうとしてしまうのは、
審査落ちをしてしまうかもしれないリスクがありますので気をつけましょう。

これは各カードローン会社により基準が違っているために起こるリスクです。
あくまで、お試し審査を受けたカードローン会社に申込むことが大切です。

お試し診断をクリックできない方に中身を公開

お試し診断は、自分が申込をしようとしているカードローン会社の審査の確率が高いのか、低いのかを事前に判断できる機能です。

お試し診断を提供しているカードローンのなかでも、特に簡単で分かりやすいアコムを例に、お試し診断の内容を見て行きましょう。



収入が少なく融資が難しそうな「パート・アルバイト・嘱託」の雇用形態でも、「ご融資可能」の診断結果が出ました。同様に違う条件でも診断をしてみました。


年齢 20歳 30歳 30歳 50歳
性別・独身既婚 女性独身 男性独身 女性既婚 男性既婚
他社の借入数 0件 3件 2件 5件
他社の借入総額 0万円 300万円 100万円 500万円
結果 マル マル マル マル

○は融資可能判断、 △は詳しい情報を頂いてからの判断という結果になります。


アコムのお試し診断で分かること

他社からの借り入れ件数、借入総額が少ない方には○の結果が出やすくなっているようです。

またバンクイックのような銀行系カードローンでは、消費者金融系のアコムよりも、より詳しい情報を入れることになっていますので、確認してみましょう。

バンクイックのお試し診断で分かること

銀行系カードローンは消費者金融系よりも大きな融資が期待できる分、お試し審査もより詳しくが基本のようです。生年月日は個人情報を知るというよりも、返済回数(返済能力)を見るためのものと考えておきましょう。

カードローンに申込む時は、大きな融資を望まずに借入をしたいのであれば、消費者金融のアコム、大きな融資を望むのであれば、銀行系カードローンのお試し診断を事前に受けておくことをおすすめします。

事前チェックで分かるお試し診断の注意点

要チェック

お試し診断は、良い結果が出たのに、本審査がダメだった…という場合があります。
そうならないためにも、お試しだからと、軽いノリで「これぐらいかな?」と記入することは避け、嘘や偽りを書くことはやめましょう。

実際の借入額よりも多く記入し、診断結果が良ければいいですが、借入額を少なく記入してしまっての診断結果では本審査でも失敗していまいます。
カードローン会社は申込者の個人情報により、審査を行っていますので、あなたがどれぐらい借入があるのか、はっきりと分かっています。
もちろん、就業形態や年収を偽って記入するのも悪い例になります。
お試し審査は本審査の確率が高いのか、低いのかを確認できる機能ですから、偽りなく利用することが大切なのです。

もしバンクイックで良い診断結果がでなくても、アコムでは出る場合がありますので、審査不安のときは、カードローンで用意されているお試し診断をいろいろと試してみましょう。

即日に借入ができるカードローンの選び方

審査の結果を良きものにするために、カードローンは「お試し診断」が用意していて、「融資可能」と出たところから選んでいきましょう!

注意するポイントは、 偽った情報を記入しないことと、 お試し診断で良い結果をもらったところ以外には申込まないということです。

就業形態や勤務年数などで審査が不安の場合は、アコムのように パート、アルバイトでも申し込めるカードローンを選択し、借入額が大きいという審査不安のときは、銀行系カードローンを選択しておきましょう。


  三井住友銀行カードローン
アコム
バンクイック
プロミス
お試し審査 あり あり
金利 3.0%〜18.0% 4.5%〜17.8%
限度額 800万円 500万円
審査時間 最短30分 最短30分
保証人 不要 不要
来店 不要 不要
  お申し込みはコチラ お申し込みはコチラ

特集コラム

カードローンの選び方

  • 銀行カードローン
  • おまとめカードローン
  • 即日融資カードローン
  • 消費者金融系カードローン
  • スマートフォン対応カードローン
  • 審査スピードが早いカードローン
  • 低金利カードローン